本文へジャンプ
理念・目標  施設長より  虹の家の特徴
施設紹介  スタッフ紹介
虹の家のモットー
ゆっくり、いっしょに、笑顔で、楽しく。

虹の家の目標

 
・老いても安心して暮らし続けられる地域作りに貢献する虹の家
・通って泊れて来てもらえて相談できる虹の家
・地域の方々の”たまりば”虹の家

虹の家の理念

私たち 虹の家は
住み慣れた地域や家で、
自分らしく暮らしたいと
望む人々に


「安全性の追求」

「居心地の良い空間」

「尊厳を守ること」

を通じて
本人・家族の希望に
寄り添いながら、
一日でも長く
自宅での生活を継続できるように
支援いたします。



虹の家の歩み
2003.4 新木野地域で「いつまでも自宅に住み続けたい」を応援するような小さな施設を作ろうとNPOの発会式をひらく。
(2003.7.31 特定非営利活動法人「虹の会」県の認証許可)
2003.8.16 以前から存じ上げていた利用者のN様宅と賃貸契約(3ヵ年)を締結し、「宅老所 虹の家」を開設。
2003.9 手始めに週数回の集いを開始。自費にてお泊りサービスも開始。
月1回の虹の家サロンを開催。
2003.11.1 介護保険(通所介護事業)に基づく小規模デイサービス(定員10名)を開始
お泊りサービスも自主事業にて引き続き実施
2003.11.25 グループホームに入所されていた大家のN様が自宅に戻る(これ以降、N様が逝去されるまで通い・泊まりにて毎日利用)
一時休止していた虹の家サロン、新築された新木団地自治会館にて再開(年10回開催)
2004.9 障害者施設「みどり園」の園生の生活体験実習を受け入れ。月1回、2名の園生が1泊。
また「健康福祉千葉特区」事業として柏市在住の障害者の方1名が週2日、デイサービスを利用。
2005.6~ 教員免許取得予定の大学生の実習(高齢者介護等の体験)
一人5日間で年間三十数名が実習。
2006.6 高額の寄付の申し出があり、N様宅の土地・建物の購入が実現。
介護保険の地域密着小規模多機能型居宅介護事業に移行することを決定。
2007.6 既存建物の改築および新・通い棟の増築工事のための補助金申請。
平成19年度地域密着型サービス拠点等整備資金(国の補助金)1500万円が支給される。
既存建物の改築工事費用については27名の方から多額の長期借入金をお願いする(2012年までに完済)。
2007.11 新増築工事開始
2008.3 新増築工事完了
2008.6.1 地域密着型の小規模多機能型居宅介護事業に移行【通所介護事業者番号1272700459】(これまでの通所介護事業は2008年5月末で閉所)
これに伴い、大学生の実習受入れが出来なくなったため、現在、厚生労働省に対して大学生の実習受け入れを認める運動を展開中。
2011.4 大家のN様、入院ののち逝去(ここまで毎日の通い・お泊り7年7ヶ月でした)
2013.10.5 虹の会10周年記念行事 『みんなで熱く語ろう!「いつまでも自宅に住みたいね」』を開催
2014.12 スプリンクラー工事完了
2015.2.1 「ふらりえ新木野」オープン
ページトップへ
特定非営利活動法人(NPO法人) 虹の会   宅老所 「虹の家」 
住所:〒270-1114 千葉県我孫子市新木野3-32-15
  TEL:04-7179-3133   FAX:04-7179-3130   niji3215@ia1.itkeeper.ne.jp
Copyright © Nijinokai All Rights Reserved.